何度か婚活に挑戦してみたけど上手くいかない、結婚したいけど出会えない、婚活に失敗するのはなぜなのでしょうか?

婚活に成功させるならまず次の5つのことを意識するところから始めましょう。

 

婚活を成功させる秘訣

f

婚活をする本来の目的

婚活をされたことのある人、これからしようとしている人はなぜ婚活をするのでしょうか。

それは「結婚がしたいから」ではなく、結婚して家庭を持って幸せになりたいからではないでしょうか?

 

幸せになるための結婚、のための婚活です。まず、婚活をする目的や理由をはっきりとさせることが大切です。

「周りの友達がほとんど結婚しているから」「この年で結婚していないのは…」といった理由でするのは少し違うと思います。

それはただ世間体を気にしているだけです。

 

それで結婚できたとしても幸せでしょうか?結婚して周りの人と同じ環境になって精神的に安心はできるかもしれませんが、その後の結婚生活が大変です。

結婚をすることだけが目的となり過ぎて、その後の相手との結婚生活や相性など考えなくなってしまい、結果うまくいかないことが多くなってしまいます。

周りの目を気にしてしまうのは仕方のないことではありますが、本当の目的「幸せになること」を意識して婚活すると結果や行動が全く変わってきます。

 

 

まず行動を起こす

v

まずこの部分は

  • 「婚活に興味はあるけど参加するのが怖い」
  • 「信用できない」
  • 「自然な出会いを待っている」
  • 「婚活に数回参加したが、上手くいかなくて諦め気味」

 

と思っている方のみ読んでください。そもそも行動しなければそもそも異性に出会うこと自体ができません。

 

自然な出会いから結婚、恋愛したいという人が結構いますが、今まで自然に出会えたことがありますか?自然な出会いというのは、

  • 同業者
  • ドラマのように偶然知り合う

くらいしかありません。要するに出会い目的ではない状態で恋愛に発展することです。

 

  • 合コン
  • 紹介
  • ナンパ
  • SNS

などは自然な出会いではないのです。同業者や職場恋愛は割と多いと思いますが、その他は自然な出会いではないということです。さらにネット、スマホが普及して出会い系、SNSで知り合うことが当たり前となりつつあります。

j

婚活やスマホ、電話がない時代に比べると比較的出会いやすい時代になっているのです。自然な出会いを待つのは効率が悪過ぎますし、いくら時間があっても足りません。

覚悟を決めて使えるものはどんどん使っていきましょう。昔のお見合いと思えばやって当たり前とも考えられます。でも経験がないことをするのは未知ですし怖いですよね。それはわかります。

 

でも「将来結婚できずに孤独」になる、「家庭を持てない」ことと天秤にかけたらどうするべきかは明らかです。一回経験してしまえばあとはそれを繰り返すだけですし、一度動くとフットワークも軽くなり行動できるようになってきます。

一度失敗したとしてもまた行動を起こせば他の人と出会うことはできるので、チャンスとそれだけ出会うことができるということです。出会い系、婚活サイトは信用ができないというのも同じで、やってもないことを信用できないですよね。

 

実際に婚活をして出会うことを経験できた人は信用できますし、「本当に出会うことができる」ということを知っています。やったことのない人はそれを知りません。まずは行動してみることが大事なのです。

確かに怪しいサイトも全くないとは言いませんが、それは調べればすぐにわかることです。

「婚活サイトの安全性・信頼性が高いランキング」

 

 

行動できない人の特徴

w

行動できないのは「慎重な性格」「心配性」「消極的」の人に多く見られます。行動できない人やる前からできない言い訳することも多いです。

「人見知りだから」「ネットでの出会いは怖い」「めんどくさがりだから」とまず何かしらの言い訳をします。

 

しない言い訳をする前にまず行動してみましょう。結婚は勢いとは良く言いますが、結婚する前、出会う前も同じで、勢いや上記の思考が重要です。

行動しないことには成功することもほぼありませんし、始まりもしません。まあ少ない確率にかけるのも良いでしょう。しかし、この記事を読んでいるということは婚活に興味があるということです。ならまずは失敗覚悟で婚活をしてみませんか?

 

 

相手に求める条件・理想が高い

b

婚活に参加すると「年収〇〇以上」「公務員」「大卒以上」「イケメン」「社長」などの条件を決めて参加している人を多く見ます。少しの理想は仕方のないことだと思いますが、これが上記の条件すべてとなるとはっきり言って無理です。

なぜかというと条件が多いと当てはまらないものが必ず出てくるからです。例えば年収600万円以上の20〜30代の男性は25人に1人しかいない統計が出ています。

 

全体でそんなに少ないのに婚活に参加する男性となるとさらに少なくなります。それで優しいイケメンとなると…。結婚できない、婚活がうまくいかない人に多く見られるのがこの条件の求めすぎです。

さらにそんな良い男は他の女性が放っておきませんので、倍率もものすごく高くなります。それで自ら男のハードルを上げ過ぎているのが原因で、他の男性が良く見えず、結果毎回失敗に終わってしまいます。

 

良く聞くのは条件を少し緩めたら成功したという話です。現実と理想の差を埋めた結果ですね。条件を求めない方が良いと言っていう訳ではなく、高望み過ぎると上手くいかないことも多いということです。

実際に付き合って、結婚したけど条件以外の部分をほとんど見てなくて、「価値観や性格が合わなかった」で離婚も少なくありません。

 

最初に言った婚活する目的を思い出してください。

上っ面のスペックだけを見て判断するのではなく、相性やこの人と結婚して将来幸せになれるかどうかを考えることが大切なのではないでしょうか。

 

 

相手は加点で

0

条件と少し似ていますが、「理想と違うからダメだな」「面白くない」「好みじゃない」と欠点ばかり探してしまう人は婚活が上手くいかない人が多いです。

ハードルを上げすぎなんですね。

 

私がよく使う理論は「どうせ大した人いないだろな」と思い、「意外と良い人が多いじゃん」とハードルを下げた状態で行き、それを超えやすくする理論です。

これが良い考え方かはわかりませんが、理想やハードルを上げすぎるとそれを超えない人に興味を持てないので、その分チャンスも少なくなってしまいます。

 

自分のどうしても外せない条件は仕方ないとして、それ以外の欠点は見つけようとせずに「この人ここが素敵」「ビジュアルは微妙だけど趣味が合いそう」「収入は普通だけど大切にしてくれそう」と内面的な良い部分を見つけてあげるようにするのが婚活が上手くいく秘訣でしょう。

減点ではなく加点で、ハードルはできるだけ下げて0点の状態から始めて参加してみましょう。

 

 

前向きな考え

d

「どうせ私なんか」「次も上手くいかない」とネガティブ思考な方は成功しづらいです。

それを口にしてしまっている人は要注意です。後ろ向きな人と積極的に一緒にいたい人はあまりいませんし、とにかくイメージが悪いです。

せめて参加中は前向きな女性でいてください。そして、ネガティブな人は失敗すると次に踏み出せなくなってしまうことが多いです。

 

一回婚活パーティに参加して「全然話せなかった」「良い人に出会えなかった」と考えるのではなく、「次はどのようにしたら上手くいくかな」「今日の人は人を見る目がなかったからしょうがない」と前向きに気持ちを切り替えていくことが大切です。

 

急にポジティブ思考になるのは難しいことです。なのでまずは自覚するところから始めましょう。「あ、今マイナス思考だ」と気づいたらそれをプラスに変換してあげます。

それを続けることでポジティブな考え方になり、婚活においても悪い方悪い方に捉えなくなって、良い結果が出ると思います。

 

 

最後に

私のオススメは「数打ちゃ当たる」です。打っていればいくつか当たります。打率は気にすることありません。

たくさん打つといろいろな人と出会うことができて、人生、恋愛経験にもなりますし、辛いことも嬉しいことも感じることができると思います。ポジティブに考えればですが。

 

 

どんな婚活サービスがあるのか知りたい方は「婚活サービス比較一覧」で確認してみて下さい。

ちなみに当サイトで一番のおすすめの婚活サービスは「pairs(ペアーズ)」という婚活・恋活サイト(アプリ)です。