婚活パーティーと言えば、30~50人ほどの男女が集まり、ほんの短い時間だけ話をするパーティー。そんなイメージをもつ人が多いのではないでしょうか?

でも実は、婚活パーティーにも様々な種類があるって知っていましたか?ここでは、そんな婚活パーティーの種類を紹介します。

 

婚活パーティーの種類

パーティー系タイプ

カップリングパーティーとも呼ばれるベーシックなもので、婚活パーティーと言われるパーティーは大抵このスタイルです。

その中でも、少人数タイプ・大人数タイプ・中人数タイプの3つに分かれます。

 

 

少人数タイプ

参加人数は、だいたい男女それぞれ5~8名ずつの少人数で開かれるパーティーです。これは、女性がそれぞれ個室で待機し、そこに男性が訪問します。一定時間が過ぎると、次の部屋へ移動するというスタイルが基本となります。

全員と話した後、気になった人を紙に書き、その後スタッフによって、カップル成功の有無が一人ひとりに伝えられます。個室でゆっくりと1対1で話をできる事と、参加人数が少ない分一人あたりの会話できる時間が長いため、根強い人気があります。

 

メリットとしては、女性は個室で待機するため、同性の他の参加者と顔を合わせることがないため、周りを気にすることなく男性とゆっくり話ができることです。

デメリットとしては、少人数なため、1回のパーティーの参加で出会える人数が少ないということです。

 

 

大人数タイプ

このタイプが婚活パーティースタイルの主流となります。人数は、それぞれ15~30名ほどの男女が参加します。複数のテーブル席が用意されており、そこに女性が着席して待ちます。

男性がそれぞれのテーブルをまわって、テーブルで向かい合った女性と話します。

 

全員と話が終わった後は、フリータイムになり、全員の中から、気になった女性ともう一度話をするチャンスが設けられています。メリットとしては、一回のパーティーで沢山の人と出会えることです。

デメリットは、人数が多すぎるため1人と話をする時間が短く、全員の印象が覚えられないことです。

 

 

中人数タイプ

最近、最も人気があるのがこのタイプのパーティーです。

参加人数は、男女それぞれ10~15名ほどで、パーティーの流れは、大人数タイプの婚活パーティーとほとんど同じですが、大人数より人数が少ないため、一人あたりと話をする時間は長く、少人数タイプのものより、参加人数が多いので出会いの数が増えるという大人数タイプのと少人数のタイプのおいしいとこ取りのパーティーです。

メリットは、上で書いたとおり、話をする時間が長いため、参加者の事を覚えられるにはちょうど良い人数であることです。デメリットは、このタイプのパーティーの開催数が少ないということです。

 

 

イベント系タイプ

イベント系タイプは、カジュアルなものが多く、色々なイベントを通して参加者同士が交流するスタイルです。

いきなり話をすることからスタートするのではなく、イベントを通して参加者同士が共同で作業することで、自然に触れ合い会話のきっかけが生まれるのが1番の特徴です。

このタイプには、料理合コン・スポーツ婚活・趣味コンなどがあります。

 

 

料理合コン

参加した男性と女性が、ペアや数人のグループになって、一緒に料理を作ったりそれを一緒に食べたりします

。一緒に料理を作ることで、自然とコミュニケーションを取ることができるのが最大の魅力で、イベント系の婚活の中でも定番となっています。

 

 

スポーツ婚活

男女がペアかもしくは数人のグループに分かれ、ゴルフやフットサル、テニス等のスポーツを行い、それを通して交流します。

スポーツをする事で、体を動かしながらの交流となるため、盛り上がりやすく、また気負うことなく振る舞うことができるのがメリットです。

 

 

趣味コン

陶芸が好きな人やスポーツ観戦が好きな人、マンガ好きや猫好きなど、同じ趣味をもつ人同士が集まる婚活パーティーです。

そのパティーに参加する人たちは、同じ趣味があるため、話の話題に困ることがほとんどなく、自然に会話が盛り上がり楽しい時間を過ごすことが出来ます。

 

 

バスツアー

バスで観光地やレジャー施設などへ出かけるバスツアーの様な婚活スタイルです。現地に到着すると、男女がペアかグループになり行動します。

このバスツアーは、丸一日かけて行われることが多いので、相手と仲良くなる時間がたっぷりともてます。

 

 

カップリングしない系婚活パーティー

 

合コン系スタイル

パーティーと合コンの間のようなこのタイプは、食事やアルコールを楽しみながら合コンスタイルで行われます。

参加人数は、男女がそれぞれ6~10名ほどで、パーティーの最初はスタッフが音頭を取り始まります。その後、全員と話ができるようにスタッフの音頭によって席替えをしますが、一通り全員と話をしたら、そこからは、一般的な合コンスタイルになります。

パーティー系のようにカップリング重視ではなく、それ無しで自由に連絡先の交換をすることが出来ます。

 

 

異業種交流パーティー

異業種交流会と呼ばれたりもします。異業種交流というだけあって、中にはビジネス上の交流が目的のものもありますが、多くは男女の出会いが目的で行われます。

男女ともに50~100名ほどの参加者がいます。豪華なレストランや結婚式の二次会で使われるような会場、船などで開催されることが多く、殆どの場合立食スタイルで、司会進行やカップリングはなく、パーティーに参加した人が自由に交流をする形になります。

 

 

いかがでしたか?ただ婚活パーティーと言っても、オーソドックスなものから合コンスタイルのようなカジュアルなものまで、様々なタイプのパーティーがありました。

人には、それぞれ向き不向きがあります。どうせ婚活パーティーをするのなら、自分にあった、楽しく参加できる婚活パーティーに参加する事で、素敵な出会いが見つかるかもしれませんよ。

 

 

婚活パーティー以外にも婚活サイト、恋活アプリ、結婚相談所など婚活サービスは色々あります。

どんな婚活サービスがあるのか知りたい方は「婚活サービス比較一覧」で確認してみて下さい。

ちなみに当サイトで一番のおすすめの婚活サービスは「pairs(ペアーズ)」という婚活・恋活サイト(アプリ)です。