男性との出会いが少ない職業では、職場に男性がいないことが上げられます。出会いか少ない職場は同性が多かったり、顧客相手の職場だったりといろいろあるでしょうが、看護師は出会いの少ない職業としてベスト3に入っています。

看護師の25歳〜29歳の女性の未婚率は75%だといわれていて、とても未婚率が高い職種です。

それは周りにいるのが同じ看護師で女性ばかりの職場で元より出会いの少ない職業ですし、勤務体型は休日出勤、夜勤などのシフト制のためなかなかデートの時間すらとれません。看護師の恋愛環境とその背景、そして婚活対策を考えてみました。

 

看護師の女性は男性の結婚相手にしたい職業ランキングに

厚生労働省の調査によると、看護師の女性の未婚率は一般の女性に比べて高い結果が出ていて、看護師の25歳〜29歳」の女性の未婚率は75%だといわれています。

30代前後でさらに広がります。つまり、適齢期においては圧倒的に未婚率の高い職種ということが言えます。

 

とはいえ、看護師の女性が男性から結婚相手として嫌われているのかというとそんなことはなく、男性が結婚相手にしたい女性のランキングに名前が挙がってきています。

こんな看護師の女性が男性から人気な理由には「病気になった時に優しく看病してもらえそう」といったイメージが挙げられ、男性は看護師の女性に対して「母性」「優しさ」を感じています。

確かに看護師になる女性の多くは献身的で優しいのですが、彼女たちをめぐる労働実態は大変厳しいものがあります。

 

 

看護師が結婚できない理由とは?

看護師の女性の結婚が難しい理由をまとめてみますと、

  • 女性が多い職場
  • 恋愛・婚活する時間的余裕がない
  • 職業的に技術や知識が要求される仕事
  • 休日や夜勤があったりシフト勤務
  • 修羅場を切り抜けているので自立的!

などがあげられます。

 

 

病院は圧倒的に女性が多い職場

看護師の女性が働く場合は病院勤務ということになりますが、職場での出会いは少ないと言えるでしょう。

男性の医師数が限られていますし、その医師も既婚者が多く、またこれは医療関係機関に働らく女性と同じ条件ですが、もし独身男性の医師がいたとしてその接点があったとしても、ライバル看護師の数は多く恋愛環境としては厳しいものがあります。

 

また、男性の薬剤師、レントゲン技師などの男性もいるにはいますが、こちらも接点が限られるということもあるでしょう。

さらに、患者との出会いもあるでしょうし、実際、患者と親しくなって結婚したという事例もありますが、患者は病気や怪我があるため健康的な人と出会えるということではありません。こうしてみると、病院での出会いはかなり厳しいという状況と言っていいでしょう。

 

 

恋愛や婚活する時間的余裕がない

いろいろ結婚しにくい原因はありますが、何より一番婚活を難しくしているのは看護師の勤務体系にあめでしょう。病院の生活は土日など一切関係なく、夜も患者さんの世話が必要なため夜勤もシフトに入ります。

夜勤は朝までに及び解放されるのは朝のスタッフがそろう時間まで続きます。昼間平常勤務したかと思うと夜勤勤めに切り替わりおまけに休日出勤もあり、とにかくスケジュールの予定がつけにくいということがあります。

 

休日が平日になってしまうと、一般の男性ではデートの約束も合わせるのが難しくなってしまいます。

一般女性は勤務後を上手に活用し合コン、婚活、飲み会になどに参加しやすい状況ですが、看護師の女性の場合はそういうことに参加したくても、スケジュール的にうまくいかない現状があります。

それと、そんな激務の勤務状態ですから疲労困憊してしまって、気持ち的にも婚活するという意欲も失いがちになってしまうでしょう。

 

 

職業難易度の高さが要求される仕事

看護師の仕事は一般の仕事と違い、技術や知識そして臨床などの経験が要求される仕事です。

看護師の女性は看護学校や4年制大学を出て、それからさらに研修を受け一人前になるのですが、それがちょうど結婚適齢期と重なってしまうのです。

 

それに、医療は日々ミスが許されない世界ですから、点滴1本、注射一本にも緊張が強いられる仕事です。

そうした緊張感を強いられる目の前の仕事に終われて、たとえ仕事を終えても実質上、婚活を考える余裕もないというのが実態でしょう。

また、日々進化する医療に看護という立場からもスキルアップが要求されるし、勉強もしなければならないため婚活に使える時間がないのも実態でしょう。

 

 

休日や不規則な生活ゆえのすれ違いが生ずる可能

せっかく素敵な男性と巡り合い、いざデートということになって交際が始まったとしても、ネックになるものがあります。

看護師の女性が結婚しにくい最大の壁は、やはり勤務形態の問題でしょう。休日は土日に取れず平日になったり、夜勤による不規則な生活。それに緊急搬送の召集だってないとは限りません。

 

こうしたことで、交際している男性と会う機会だけでなく、連絡をとることも難しい状況になることもあるのです。

看護師の女性はいわば、そうしたデート以前の所で交際がしにくい状態が生まれてしまいます。お互いの接点が少なくなってしまうとすれ違いが生じ、せっかく良い人と交際できても結婚にまで到達することができないのです。

 

 

看護師は自立的

看護師の女性は医療という生死の修羅場をいくつも経験してきて潜り抜けているので、いわば精神力が強くなって自立的です。

経済的にも他の事務職より高く、そういう視点からはあえて結婚にそう焦らない傾向があります。焦っているとしたら、余り結婚が遅れると出産には影響があることくらいでしょう。

しかし、この勤務体制で結婚して子育てなどをしながら共働きをしようと思えば、かなり苛酷な日常となるでしょうから、結局、パートナーになる男性の理解が相当必要になるはずです。

 

 

看護師に向けの婚活

こうしたいろいろのハードルが高い看護師の女性の婚活はどうしたらいいでしょうか。

実際に看護師の女性の結婚は40代になると一般と大差がなくなるので、職業が看護師ゆえに結婚が遅れているだけと見ることもできます。

 

ですから、それは看護師の女性の責任ではないのです。ですから焦らず自分の職業を理解してくれるパートナーを探すことが大切でしょう。

ただ、ここで注意が必要なのは、出会いを求めて必死にならないこと。焦りはもの欲しそうな表情を造ります。

 

第一、「出会い」だけの成果を求めて出かけても楽しくないでしょう。あなたも楽しんでいないと、相手にはそれが伝わります。

あなたが楽しければ、幸せそうな表情になります。そういう女性がいれば、声を掛けたくなるのはどの男性の心でも同じことでしょう。そこで、看護師の女性に向く出会いの場所をまとめてみました。

 

 

職場のイベントに参加

勤務中、スタッフの普段の顔を見る機会はそうありません。でも、飲み会やスタッフ向けのイベントで会って見ると、「対象外」と思っている人も新鮮に映ります

お互いに意外な一面が発見できるチャンスです。飾らない対応が大切。いつものお礼を伝えたりしましょう。ただ、異性にばかりと会話すると誤解を受けてしまうので、同性にもさわやかな態度を意識しましょう。

 

 

友人・兄弟などのパーティに参加

友人や兄弟に出会いを紹介してもらったケースは結構多いので、参加すると効果的でしょう。

この折にはお土産をもって行くことです。お土産は後日話題にしやすいものです。あなたの存在を友人関係にアピールする効果があるでしょう。同窓会などもここに入れられます。

 

 

ボランティア活動に参加する

職場での出会いが難しい場合、ボランティア活動もオススメです。あなた自身がそのボランティアに関心を持っていることが前提です。

看護師という仕事は人への献身と自愛ということで、ボランティア活動をしようとする男性には、余り自我を主張してくる人も少ないでしょう。

患者に献身するあなたの職業を理解してくれる優しい男性と出会えるかもしれません。積極的に他のボランティアの人と挨拶をしたり会話を交わしたりしましょう。

 

 

趣味やサークルに参加する

趣味やサークルでの出会いは、結婚に結びつく率は高くはないのですが、趣味が同じとか似ていると話題も見つけやすいですし距離を縮めやすいのがメリットです。

付き合っている上で、同じ趣味を楽しめるということも利点になります。

ただ、あなたが純粋に楽しめ、このことがあなたの心を安らがせる条件になることが大切です。楽しむあなたを見て、好意を持ってくれる人も現れるでしょう。

 

 

婚活サイトに登録する

看護師の女性は忙しく時間がないので、時間を気にしないでアクセスできるのが魅力。

他の出会いの場所にいく余力がないという女性には、婚活サイトでサポートしてもらうのもひとつの方法です。

 

変則な勤務とハードワークの影響で看護師の女性の未婚率が高いことは事実でしょう。でも、そうした難しい条件に沈潜してしまうのでなく、一生を左右するかもしれない出会いを引き寄せることはあなたの希望になるはずです。

看護師という仕事は男性に人気があります。婚活サイトでも、いい出会いがあるかもしれません。

 

 

看護師のための結婚相談所に

「白衣コン」という看護師しか登録できない結婚相談所があります。

詳しくは「白衣コンは結婚したい女性看護師のための婚活できる結婚相談所」で確認してみて下さい。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。看護師はハードな仕事です。毎日疲労困憊して婚活どころではないかもしれません。

でも、もし時間がなかったら、夕食も一人で食べないで昔の友人たちと食事してもネットワークは拡がります。

 

また、それぞれの同僚、先輩などの横のつながりにアプローチしていけば、チャンスは訪れるかもしれません。合コンにもどんどん参加してみましょう。現在では、婚活パーティでもイベントなどを行って自然な出会い方を工夫しています。

看護師は男性に人気ランクに掲載されている職業ですからチャンスをどんどん外に求めて動いてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

どの婚活サービスを選んで良いのかわからない方は「婚活サービスの選び方」で、選ぶ時に重要なことを確認してから登録するようにしましょう。

ちなみに当サイトで一番のおすすめの婚活サービスは「pairs(ペアーズ)」という婚活・恋活サイト(アプリ)です。