出会いのツールは昔に比べて増えました。婚活という言葉が使われるようになりましたが、未だに婚活が恥ずかしいと感じている人がいます。

今回は婚活が恥ずかしいと感じてしまう特徴とその考えが無駄だということを話します。

 

婚活は恥ずかしい?

婚活で成功している人はたくさんいるのが現実

「恋人が欲しい」「結婚がしたい」けど出会いがない…。でも婚活はちょっと恥ずかしい…。

と考えている方、古いです。

 

今や出会い系や婚活、街コン、SNSなどを出会えるツールとして使うことは当たり前の時代です。未だにこれらを否定、拒絶する人がいますが、そろそろやめましょう。

実際に婚活サイトや結婚相談所では毎月何百人という人が成婚することができていますし、交際に発展している人はさらに多くいます。私も300人以上の人と実際に会って、お付き合いもしました。7年以上前から使っています。

 

否定していた知人におすすめをして一度参加してもらったことがありましたが、その知人は今まで使わなかったことを後悔していました。今では以前とは違い積極的に参加するようにもなりました。

実際に使ってしまえば悪いことは何もしていませんし、恥ずかしいことは何もしていないことがわかります。しょうもないこと言う周りの人は気にせずに、余計な概念を捨てて使えるものは有効的に使っていくことをお勧めします。

 

 

SNSで趣味やビジネスでも

SNSでは日本だけでなく世界の人と繋がることができ、ビジネスで一緒に仕事をしたり、趣味などのコミュニティで仲良くなり、実際に会うこともあります。

それが恥ずかしいことでないのであれば、婚活や出会うことを目的としてインターネットを利用することも恥ずかしいことではありません。

 

「婚活サイトで会った人と付き合ってる」と言うのが恥ずかしいのはおかしなことです。ではお見合いした人と付き合ってると言えませんか?婚活サイトはサイト経由のお見合いみたいなものです。

お見合いとの違いは、

  • 自分で好みの相手を選ぶことができる(プロフィールや写真から)
  • いつでもどこでもできる(スマホやPCで)
  • 堅くない
  • 仲介する人がいない

 

くらいでしょう。軽いお見合いと思えば気軽にできるのではないでしょうか。ちなみに結婚相談所となると費用が高額で仲介人もいるので、お見合いに近いですね。

 

 

なにで出会えば恥ずかしくない?

婚活パーティーや婚活サイト、結婚相談所などで知り合うのが必死で、よくないことなのであれば、何で知り合えば満足するのでしょうか?

  • 職場内恋愛?
  • 紹介?
  • 昔からの知り合い?

 

それができないから悩んでいるのではないでしょうか?そんな自然な出会いを待っていてはあっという間におばあちゃんになってしまいますよ。

そもそも上記の3つの出会い方だと範囲が狭すぎます。ツールを使うことで何万人と登録されている相手の中の人と出会うことができるので、効率的に恋愛することができます。

 

 

あなたが気にしているのは世間体

婚活が恥ずかしいと思っている人は世間体を気にし過ぎです。親、家族、友達、職場の人に「そんな所で知り合った人と…?」と言われるのが嫌なのでしょう。

まずそんなこと言う人は放っておきましょう。そいつらは何かとあればごちゃごちゃ言ってきます。

 

そんなことを気にしているよりもあなたが幸せになることの方が大切です。幸せな時点で勝ち組なので、何を言われても関係ありません。

もし、幸せに影響があるのであれば、適当なことを言って誤魔化せば良いだけです。理解できない古い人間がいるのは仕方ないことなので、うまく対処しながら活動していくしかありません。

 

 

婚活を恥ずかしいと感じてしまう人の特徴

  • 実際に婚活をしたことがない
  • 実際に婚活で出会ったり、結婚したりしている人を知らない
  • 自然な出会いを期待している
  • 世間体、周りの目を気にし過ぎている
  • 結婚に焦っている
  • 理想が高い

 

これから婚活を始めてみようと思った方、今までしていて諦めていたけどまた始めてみようと思った方は、始める前に「婚活に成功する秘訣」を読んでからにしましょう。

 

 

今この記事を見ているあなたは20代〜50代の方でしょう。そして婚活に興味がある人でしょう。この記事を読んだのであれば、婚活が恥ずかしいと言う無駄な固定概念を捨てて幸せを目指しましょう。

どの婚活サービスを選んで良いのかわからない方は「婚活サービスの選び方」で、選ぶ時に重要なことを確認してから登録するようにしましょう。

ちなみに当サイトで一番のおすすめの婚活サービスは「pairs(ペアーズ)」という婚活・恋活サイト(アプリ)です。