婚活・恋活サイトにはさまざまなものがありますが、Facebookと連携したものが人気を集めています。

手軽に「いいね!」を送るだけで始められるのが人気の理由でしょう。さらにFacebookと連携することで身分の偽りができず、またFacebookの友達とはサイト上で出会うことのないようになっているので、友達にバレずに利用できるというメリットもあります。

今回はそんなFacebookと連携した婚活、恋活サイトやアプリについて紹介をします。

 

Facebookで登録できる婚活サイト・恋活アプリ比較

  1. 婚活サイト:【pairs】

    価格 5.0
    会員数 5.0
    安全性 4.0
    価格:
    基本無料(一部有料)
    会員数:
    450万人以上

    Facebook連携の婚活・恋活の中で会員数が圧倒的に多く、累計会員数は450万人です。

    今までに2700万組ものマッチングを生み出した実績があります。

     

    20代の若い世代が多く利用しています。

    すぐに結婚というよりは、恋人を見つけてゆっくり仲を深めていきたいと考えている方が多いです。

    pairsに向いている人を見る

    pairsのメリット

    会員数が多いので、たくさんの方の中から気に入ったお相手を見つけることができます。地方でもたくさんの方が登録しているので、他のサイトでは自分の地域の登録者が少なくてがっかりした方でも、pairsなら出会える可能性大です。

    女性は基本的に完全無料で利用できるのも魅力です。

     

     

    pairsのデメリット

    結婚への意識が低めの方が多いので、すぐに結婚を希望する方は、同じような意識の方を見つけるのは大変かも知れません。

    また会員数が多いということは、ライバルも多いということになります。

     

    そのためルックスが良く人気のある方とマッチングできる可能性は低いです。

    人気が高すぎない方を狙ってアプローチしたほうが成功しやすくなります。人気があるかどうかは、いいね!の数を見て判断できます。

    公式ホームページ:【pairs】

     

     

  2. 恋活サイト:恋活アプリOmiai

    価格 5.0
    会員数 5.0
    安全性 4.0
    料金:
    無料(一部有料)
    会員数:
    170万人

    Facebookといち早く連携を始めたアプリです。婚活はもちろん、恋活として利用する方も多いです。

    サクラ対策に真剣に取り組んでいますので、安心してお相手とやりとりができます、

     

    pairsと似ており、比較されることがとても多いです。年齢層は20代〜30代が中心で、pairsよりは少し高めの年代の方が多いです。

    そのため、結婚への意識もpairsよりも高めです。

    Omiaiに向いている人を見る

    Omiaiのメリット

    多くの婚活・恋活サイトは男性よりも女性会員の方が多い場合がほとんどですが、Omiaiは逆です。

    男性よりも女性の方が少ないのです。

     

    そのため他サイトと比べ、女性は多くの男性の中からお相手探しができ、多くの男性からアプローチを受けられます。

    また女性は10代、20代であれば無料で利用できます。

     

    Omiaiのデメリット

    30代以上の女性は有料で、男性と同じ料金がかかります(1ヶ月プランで3980円)。

    pairsが女性は全年齢無料なので、30代以上の方には高く感じてしまうでしょう。

    しかしお金を払ってでも婚活したいという真剣さを見せられるので、pairsよりも男性からの印象は良い場合が多いようです。

    公式ホームページ:恋活アプリOmiai

     

     

  3.  恋活サイト:ゼクシィ恋結び

    価格 4.5
    会員数 3.0
    安全性 4.0
    価格:
    初回のみ108円
    会員数:
    18万人以上

    大手企業であるリクルートグループが運営する、利用者の70%以上が20代の、若い世代が多い婚活・恋活アプリです。

    GPS機能があり、近くにいる方がわかるようになっています。

     

    近くに住んでいる方であれば、マッチングしてからデートに発展しやすいでしょう。

    同じくリクルートが運営する「ゼクシィ縁結び」と名前は似ていますが違うサービスです。

     

    恋結びは婚活はもちろん、恋人を探したい方の恋活にも使えるアプリです。

    縁結びは真剣な婚活のみのウェブサイトであるという違いがあります。

    ゼクシィ恋結びに向いている人を見る

    ゼクシィ恋結びのメリット

    女性は年額120円(iPhoneの場合。Androidの場合は100円)とほぼ無料のような格安料金で利用できます。

    真剣な方が多いのも魅力です。

     

    プロフィールに結婚時期を記入できるので、相手がどのくらい結婚に対して真剣に考えているのかがすぐにわかります。

    プロフィールや画像を投稿するのには審査が必要なので、悪質はユーザーがとても少なく、安心して利用できます。

    リクルートグループが運営しているもの安心できる点です。

     

    ゼクシィ恋結びのデメリット

    誕生してからまだ日が浅いため、会員数は他のFacebook連携の婚活よりも少ないようです。

    それでも東京や大阪などの大都市であれば、十分な会員がいます。

    しかし地方の方はちょっとお相手が見つかりにくいかも知れません。

    公式ホームページ:ゼクシィ恋結び

     

     

  4. 婚活・恋活サイト:マッチアラーム

    価格 5.0
    会員数 3.0
    安全性 4.0
    価格:
    無料(一部有料)
    会員数:
    70万人以上

    毎朝8時に1人の異性が紹介される、目覚まし時計のようなアプリです。

    お相手にもあなたが紹介され、深夜0時までにお互いに好意を示したらカップル成立となります。

    Facebookの友達リストに入っている人は紹介されないようになっています。

    マッチアラームに向いている人を見る

    マッチアラームのメリット

    自分で検索したりメッセージを送ったりと積極的に活動しなくても、自動的に紹介してもらえるので忙しい方でも楽に利用できます。

    また他の多くの婚活サービスの場合、異性の写真が並べて表示されるので、ルックスのいい人に人気が集まってしまいそれ以外の人はモテないというデメリットがあります。

     

    しかしマッチアラームは毎日1人ずつの紹介なので、他人と比べられることがありません。

    ルックスに自信がない方にも平等にマッチングのチャンスがあります。

    女性はほとんどの機能を無料で使うことができます。過去に紹介された方に「好きかも」を送る場合のみ、有料です。

     

    マッチアラームのデメリット

    1日1人の紹介と決まっているので、積極的に活動したい人にはマッチングのチャンスが少なく、物足りないと感じてしまうかも知れません。

    過去に紹介された方に「好きかも」を送るには、9コイン必要です。

     

    10コインを1080円で購入する必要があるので、ちょっと高いと感じる方も多いのではないでしょうか。

    その日のうちに「好きかも」を送るのは女性は無料ですので、少しでも気になる方がいたら送っておいたほうがよいでしょう。

    公式ホームページ:マッチアラーム

     

     

  5.  

    婚活・恋活サイト:Matchbook

    価格 5.0
    会員数 2.0
    安全性 4.0
    価格:
    無料(一部有料)
    会員数:
    不明(数万人以上)

    リクルートグループの子会社が運営する、2015年8月にスタートしたまだまだ新しい婚活サービスですが、現在利用者が爆発的に増加中のようです。

    利用者は18歳〜20代前半のとても若い方が多く、大学生が恋人探しに利用することもあります。

     

    関東の大学のミス&ミスターで恋人がいない方が100人登録し、お相手探しをしています。

    それ以外の方も、ルックスがいい方が多いようです。

    Matchbookに向いている人を見る

    Matchbookのメリット

    女性は無料で利用できます。一方男性は有料で、月額3980円です。

    若い世代が多い割に男性の料金は高めなので、真剣な方が多いことが期待できます。

     

    まだ会員数が多くないので、ライバルが少なく、マッチングしやすい穴場スポット的な存在です。

    選択肢は少なくてもいいから多くの人とマッチング成立させたい、ルックスがいい人とマッチングしたい方に向いています。

     

     

    Matchbookのデメリット

    利用者数が増加中とは言っても、他の婚活サービスに比べると多いとは言えません。

    地方の方は近くに住んでいる人が少ない可能性があります。今後さらに利用者が増えることに期待しましょう。

     

    若い世代が多いので、すぐに結婚と考えている方は少ないようです。

    ゆっくりと交際してからの結婚を希望するのであれば良いですが、なるべく早く結婚したいと思う方はお相手探しが大変になりそうです。

    公式ホームページ:Matchbook

     

     

  6. 婚活・恋活・再婚活サイト:マリッシュ(marrish)

    価格 5.0
    会員数 2.0
    安全性 4.0
    料金:
    無料~(一部有料)
    会員数:
    数万人~

    婚活・恋活・再婚活サイトと子持ち、中年、年の差、地方婚など訳アリの人でも活動しやすい設定があり、積極的になれない事情がある人でも使いやすくなっています。

     

    女性の利用は基本使用は無料です。

    マリッシュに向いている人を見る

    マリッシュのメリット

    訳アリの人でも活動しやすくなっていて、そんな方のみポイント増量などのサービスもあります。

    グループサークルといった同じ趣味や価値観を持った人と出会うことができる機能があります。

     

    普通のプロフィールと別に動画プロフィールというのもあり、より相手のことを知ってからやり取りすることもできます。

    メッセージのやり取りをするには身分の確認が必要となるので、安全性も高くなっています。

     

    マリッシュのデメリット

    会員数が圧倒的に少ないので、物足りなさを感じる方もいらっしゃるかと思います。

    ですが、短期間で人数が伸びてきてはいるので、これから人気になる可能性を秘めています。

    公式ホームページ:マリッシュ(marrish)

     

     

  7.  婚活・恋活サイト:安心安全「with」恋愛婚活マッチ

    価格 5.0
    会員数 0.0
    安全性 4.0
    価格:
    無料~
    会員数:
    不明

    メンタリストDaiGoさんが監修の婚活・恋活アプリです。

    上場企業である株式会社イグニスが運営しているので、かなり安全性は高いと言えます。

     

    女性の利用は無料で、20~30代の年齢層の方が多くなっています。

    女性よりも男性の方が若干多いので、女性に有利。婚活よりは恋活として利用している人が多いです。

    withに向いている人を見る

    withのメリット

    この婚活・恋活サイトは使えば使うほど検索結果の上位に表示されるようになるので、暇があったら見てしまう人にはもってこいのアプリです。

    簡単に答えられる独自の性格診断によって、相性の合う人を紹介してもらえます。

     

    趣味などのグループがあるので、共通の好きなことで出会うこともできます。

    DaiGoさんの恋愛テクニック動画を見ることができるので、自分磨き、恋愛テクニックを身につけたい人はおすすめします。

     

    公式ホームページ:安心安全「with」恋愛婚活マッチ

     

 

Facebook連携という共通点はあっても、それぞれのサービスごとに特徴はさまざまです。無料登録をして各サービスの特徴や使い心地を比較してみると良いかもしれませんね。

 

 

どの婚活サービスを選んで良いのかわからない方は「婚活サービスの選び方」で、選ぶ時に重要なことを確認してから登録するようにしましょう。

ちなみに当サイトで一番のおすすめの婚活サービスは「pairs(ペアーズ)」という婚活・恋活サイト(アプリ)です。